Newsお知らせ

「自然と調和した街づくりを提案しよう」をテーマに倉敷南高で授業
情報提供:岡山県立倉敷南高等学校

9/29(水) 高校3年次生「生物研究」の授業で,生物の多様性と生態系に関する探究活動を行いました。
「『みんなの倉南市』 自然と調和した町づくりを提案しよう」をテーマに,実社会との接点を重視した課題解決型学習プログラムに取り組みました。
生徒は,架空の都市「倉南市」の都市計画課の職員として町づくりについて考えました。SDGsの視点を踏まえ,カブトガニやオオサンショウウオが住む豊かな自然環境を守りながら,人々が住みやすいまちづくりを企画して提案するプログラムです。水や炭素,窒素などの物質の循環システムや自然エネルギーの利活用の在り方について,活発な意見が出されました。

 

この記事に関連するSDGsのゴール